Strangeways, here we come! ---

愛車Mazda Axela23S/音楽New Wave&Neo-Acoustic/映画-現代思想を中心にしたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

In memories of WBM 9) You see colors by Delays

delays

GWの博多ショッピングツアー帰りに運転しながら聴こうと思ってホークスタウンのHMVで購入。結構好きなんですね。こういう明け透けなSugarspun Dreamy キラキラポップが。Lightning Seedsとか、Candy Flip(懐かしい?)とか、Scritti Polittiとかね。日本盤ボーナストラック入り14曲+ヴァレンタインのプロモ入りエンハンスト仕様で1980円とお買い得ですが、何はともあれ1曲目の現状ではシングルカットされていない"You and me"1曲のために1980円払っても惜しくないと思われます。参った。
 先月末にタワレコの視聴コーナーで初めて聴いたのですが、その時は曲調から明らかにキラキラポップだったんで、私の耳には・・・
To the bitter end, I have fought alone
Now, here's Catherine coming home...
と聞こえたんですね。
「大変だったけど、これまで一人っきりで闘ってきたんだ
そして、今日、やっと、ほら、キャサリンが僕んちに来てくれるんだ」
って、ものすごく曲調に合いますもん。
ところが、歌詞カード見てびっくり。
YOU AND ME

To the bitter end I have fought alone,
Now this cavalry is coming home,
Like a motorcade lost in tickertape,
I have felt my way to you again,
On any other day there’d be a marching band,
But I stole away before they cut me down,
What say we go, meet by the well?
Don’t tell a soul, this is our time…
And we can lay low tonight; no I don’t have the will to fight,
My president or his designs; you & me coulda been fine, you & me were gonna be
fine…
Cos you knew me when I was wide awake,
Now I sleep all day, oh my mistake!
Oh any other day, there’d be a marching band,
But I stole away before the curtain fell,
What say we go, meet by the well?
Don’t tell a soul, this is our time…
Yeah we can lay low tonight; no I don’t have the will to fight
My President or his designs; you & me coulda been fine, you & me were gonna be
fine
In time, inside, here comes the falling rain,
In time, inside, here comes the pouring rain,
In time, inside, here comes the falling rain,
In time, inside, here comes the poison rain,
Yeah we can lay low tonight; no I don’t have the will to fight
My President or his denials; you & me coulda been fine,
Oh we can lay low tonight; we can set the flag alight,
We’re clawing back the time, when youth was on our side,
You & me coulda been fine, you & me were gonna be fine

とんでもないバンドだった!
Cavalryって騎兵隊ですからね。
なんと脱走兵の話だった!!
恐るべし、ディレイズ。
レーベル見て納得。
Rough Tradeからのリリース。
「人は自分が見たいと思うものを見、聴きたいと思うことを聴いてしまう」を体感した1日でした。

スポンサーサイト

 | HOME | 

Appendix

    Bluebell

    Bluebell

    愛車Bluebell号です。
    詳細はhttp://side-axela.jp/list/list.cgi?id=577&mode=show

  • RSS 1.0

Calendar

« | 2006-05 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Archives

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。