Strangeways, here we come! ---

愛車Mazda Axela23S/音楽New Wave&Neo-Acoustic/映画-現代思想を中心にしたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Today's Disc 11) "The gift of music" by The Jazz Butcher

gift

伝説のレコ屋「Django」といえば、The Jazz Butcher!
今でこそ何枚ものコンピレーションアルバムが出て、ヴィニールジャパンから旧譜のCD化も果たされましたが、当時(購入当時=1988)Jazz Butcher のコンピは"gift of music"のⅠとⅡがあるだけでした。彼らもCreationに移籍した頃で、Glass時代のアルバムは少々プレミアがつき始めてたっけ。"Jazz Butcher -v- Count Dracula"だとか"Zombie Love"だとかといったすっとぼけたタイトルはTV'sにも通じるところがありますが、何せ上手い!ギターのMax Eiderは渋上手だと思います!特にHuman Jungle、Partytimeといったスローテンポの曲になるとごまかしがきかない分、逆にMaxのギターを堪能できます。このアルバムのハイライトは彼らの十八番"Girls who keep goldfish"から"Sweet Jane"へ流れるメドレーです。オリジナルよりSweet Janeはこっちのバージョンが好き!
スポンサーサイト

Comments

Post a Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

http://houseoflove.blog18.fc2.com/tb.php/24-f6231c59

 | HOME | 

Appendix

Calendar

« | 2017-07 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Archives

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。