Strangeways, here we come! ---

愛車Mazda Axela23S/音楽New Wave&Neo-Acoustic/映画-現代思想を中心にしたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

In memories of WBM 4) Expecting to Fly by The Bluetones

Bluetones

全てはSlight Returnから始まった!Fierce Pandaのコンピレーション盤に入ってて、卒倒しそうになったんですね。95年あたりかな。Stone Rosesが1stの後でSugarspan路線からハードな方向に進みつつあった頃で、彼らの「石と薔薇」を本来の意味で継承するバンドがBluetonesだったんだと、これまた勝手に思っています。世にマンチェブームが到来していて、ハッピーマンデーズだとかシャーラタンズだとかそっち方向のフォロアーは腐るほどいましたが、I am the resurection と復活を告げた本人たちがどっか明後日の方向に行っちゃいましたから、あのラストトラックのレニのグルーブそのまんまに僕らは投げ出せれてしまっていたのです。救われました。
に。
Talking To Clarry Lyrics

I don't have to be feeling down to speak of you
But I'll visit you not only when I'm feeling blue
You make me happy when I was happy to start with
You make my life so precious and so easy to part with

Life rolls along and teaches us nothing
So why am I still around waiting for something?
Do you have the answers to all of my questions?
Maybe not, but I’d like to hear your suggestions

Talk to me, you don't talk to me
Talk to me, you don't talk to me

People in corridors, people in doorways
People wherever I turn
So many people round out the shadows
So many people to learn
And to burn

Communication is blurred, I can't understand a word
So there's nothing to be heard, it's all gone quite absurd (x3)

このバンドもDr.のエズ・チェスターズのバンドだったんだと思います。
そしてバンドマジックはRoses同様
1st だけでジャケットまんまに飛んでっちゃいました・・・
7曲目に既にシングル時代の輝きを失ったslight return が再録されています。これだけシングルバージョンを移植して聞くのがBestです。

スポンサーサイト

Comments

Post a Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

http://houseoflove.blog18.fc2.com/tb.php/61-7a85a337

 | HOME | 

Appendix

Calendar

« | 2017-05 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Archives

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。