Strangeways, here we come! ---

愛車Mazda Axela23S/音楽New Wave&Neo-Acoustic/映画-現代思想を中心にしたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

In memories of WBM 8) Ringleader of the Tormentors by Morrissey

ringleader

トミーガンをバイオリンに持ち替えたモリッシーがなんとも目に優しいこのアルバム。
触感としては、Strangewaysの肌触りに最も親和性を感じました。
どんより、じっとり、つまりモリッシー。
そういえばStrangewaysって、作成途中でJohnny Marrが抜けちゃったので、結果、最もモリッシー色が出たアルバムでした。
Last nightとかね。
もう再浮上できない底なし沼の地下30m位から奏でられてるようなどんより感があります。
今回のアルバムでも"Dear God, please help me"を2曲目に置くあたり、
本当に救いようのない100%モリッシーです。
不満だったのは2点。
1:Boz Boorer 曲によってはもう少しエッジの効いたカッティングが欲しかった。
2:The youngest was the most lovedの子供コーラス:
もう少し雑な音程と声を持ってる子たちの方が良かった。XTCのDear Godの子みたいな感じ。
とは言え、それを補って余りある傑作。

スポンサーサイト

Comments

このコメントは管理者の承認待ちです

Post a Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

http://houseoflove.blog18.fc2.com/tb.php/76-3bec8cd2

 | HOME | 

Appendix

Calendar

« | 2017-05 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Archives

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。